不動産売却の流れ

売却の流れ 売却の流れ

家や土地を売るということは、そう何度もあることではありません。不動産で事業をしている人でなければ、一生に一度も不動産の売却を経験しないこともあるでしょう。そのため不動産売却で失敗しないためには事前の準備と信頼できるパートナー(不動産会社)選びが大切です。

不動産売却の流れ

1.相場を知る

売ろうと決めたら、どのくらいで売れそうなのか、周辺物件の相場を調べてみましょう。

2.不動産会社を探す

信頼できる不動産会社との出会いが重要です。幅広く情報収集しましょう。

3.査定を依頼

売りたい住まいの価格を、プロの目で査定してもらうため、不動産会社に査定を依頼します。ここから不動産会社との付き合いが始まりますが、多くの意見を聞くため、複数の会社に査定を依頼してみるのも手です。

4.売却を依頼

売買の仲介を正式に依頼する場合、不動産会社と媒介契約を結びます。

5.不動産を売り出す

最初の価格(売り出し価格)はとても重要。自分の希望だけではなく不動産会社の査定や周辺の事例、市場の動向を踏まえて、慎重に決定します。また、長期間売却ができない場合は売却価格の変更を考える必要があります。 価格の改定は時期、下げ幅ともにタイミングが非常に重要です。不動産会社の担当者としっかり打ち合わせをしましょう。

6.購入希望者との交渉

購入希望者と売却条件を交渉します。価格だけでなく、その他の条件についても譲れる点と譲れない点を明確にして、交渉を進めます。納得のいく不動産売却となるよう、売り主側の希望は不動産業者にきちんと伝えましょう。

7.物件情報を開示

契約締結後のトラブルを防止するために、物件に不具合や欠陥などがある場合は、誠実に購入希望者に伝えることが大切です。不動産会社が仲介する場合は、「重要事項説明」という制度に基づく詳細な物件説明を行います。

8.契約を結ぶ

合意したら売買契約を結びます。しっかりと契約内容を確認しましょう。 その後は、購入者から手付金(売却価格の5%〜10%)を受け取り、不動産会社には仲介手数料を支払う必要があります。

9.不動産を引き渡す

引き渡し手続きでは、残りの売買代金を受領、登記申請(抵当権抹消、所有権の移転等)を行います。 買い主と現地立ち会いを行った上で十分に確認をします。また、税務申告などの手続きも漏れのないよう気をつけます。
査定依頼フォーム