家・土地を売りたい方へ

家・土地を売りたい方へ
家・土地を売りたい方へ

家や土地を売るということは、そう何度もあることではありません。不動産で事業をしている人でなければ、一生に一度も不動産の売却を経験しないこともあるでしょう。そのため不動産をいざ売ろうと思っても、何を準備すればよいのか困ってしまうことが多いのです。それでは、家や土地を売りたいと思った時に、どう準備をすれば良いのかご紹介します。

まず、売りたいと思う理由を整理しましょう

「子どもが生まれたから広い家に住みたい」「老後は故郷に帰って暮らしたい」など、状況は人それぞれ。
まず「売りたい」と思った理由を具体的に整理しましょう。

不動産の情報を整理しましょう

不動産業者に依頼する前に、自分でも前もっていくらくらいで売れるのか知りたいものです。そのためにはまず不動産に関係する書類を整理しておきましょう。

不動産に関する主な書類

登記事項証明書
不動産に設定されている権利、建物・土地の広さなど重要な情報が記載されています。
固定資産税課税明細書
不動産の所有者に送られてくる納税通知書に添付されています。土地・建物それぞれの評価額と税額が記載されています。
重要事項説明書
不動産を取得したときに、不動産会社の仲介を受けていれば交付されています。
登記簿謄本

売却後の生活を具体的にイメージしましょう

「住み替えの時期や資金計画など、不動産を売却した後にどのような生活をするのかを確認しましょう。

用意周到に準備しておいても、思ったように売れないのが不動産です。準備から売却が終わるまで数ヶ月はかかります。大切な財産だからこそ適切なタイミング、方法で手続きを進めたいものです。家や土地などの不動産売買のことなら経験豊富なわたしたち(株)ユウキにご相談ください。

不動産売却の流れ